Lop Rex Asset Maker

資産運用をテーマとしながら、投資・経済・金融情報を発信するブログです。

積立保険「じぶんの積立」

明治安田生命が提供する無配当災害保証付積立保険、それが「じぶんの積立」という積立保険です。

 

この保険は将来の資産形成のために、元本保証をしてもらいながら少しでもお金を増やしたいというニーズに応える商品です。

 

商品の仕組みは基本的にはあまり難しなく、毎月最低5,000円から保険料として支払っていき、5年後には支払いが完了します。ただその後すぐに支払いを受けるわけではなく、そこから更に5年間、据え置きの期間を設けます。

 

つまり保険料の払い込みからトータルで10年間の預け期間をもうけ、満期になると返戻金が3%増えるというもの。通常この手の保険は途中で解約すると解約控除が取られ元本が毀損するのが通常ですが、この保険に関しては控除は取られず、最低でも預けた分は戻ってくるのが推しの理由となっています。

 

この部分から、保険会社の営業員は家族親戚友人にお願いセールスをする際にも元本が割れないからあまり迷惑にならないだろうという罪悪感を軽減させる効果があります。入る方も何にも考えなしに元本が割れないこと、10年間で3%の利回りがつくことからお得だと感じて加入する人もいるでしょう。

 

ただし、はっきりいってこの商品はあまり良い商品とはいえません。少なくともお得な保険ではありません。

 

資産運用としてこの商品を考えた場合、悪質とまでは行かずとも低質な商品であることは違いないでしょう。

 

資産運用の最低目標として、物価変動による購買力の減少を抑えることがあります。実質金利の考え方ですが、要するに将来的に色々な物の値段が上がっていくことで目減りするお金の価値を守るのが投資の役目でもあります。

 

日本銀行は現在金融緩和を行い年々の物価上昇率を2%にすることを目標にしています。全然達成できていませんが、あらゆる消費物の値段が騰がっていることは事実です。生活必需品だけで見ても値段の値上がりは今後も続いていくことでしょう。

 

問題なのは、今後10年間の間に、物価上昇が3%を超えるかどうかというところですが、政府がインフレにするために物価を上げる政策を行なっていることから必然的に物価は上がり続けるでしょう。

 

10年後の物価が今よりも3%以上騰がってしまった場合、この保険に10年間預けておいても購買力は保てません、つまり実質的には損失を被る可能性が非常に高いです。ましてや始めの5年間は0.001%の利息すら付きません。預けた額が戻ってくるだけで時間の損失になります。

 

世界に分散する株式インデックスファンドを10年間運用する方がよほど利益は取れるでしょう。一括であずけたと仮定すると、10年後に3%増える複利計算を行うとせいぜい年利は0.3%といったところです。

 

確かに今の銀行預金などと比べれば高い金利かもしれませんが、ゼロ金利に慣れすぎて微々たる金利差でさえ利回りが高いと錯覚しているだけです、0.3%の利回りでは物価の上昇には全く対応できません。

 

タンス預金や普通預金よりは利回りがいいですが、あくまでそのレベル。保険会社や営業員はそれをはるかに上回る手数料を徴収しています。この保険を加入するのであれば、ボランティア精神で保険会社と営業員を喜ばせることに価値を見出す思いで契約してください。

外貨建て保険「プレミアジャンプ3・年金(外貨建)」

第一フロンティア生命が提供する年金原資確定部分付変額個人年金保険(通貨指定型)、それがプレミアジャンプ3・年金(外貨建)です。

 

この金融商品は外貨建て保険と変額年金の二階建てとなっており、外貨での運用はほとんど為替レートに左右され、どちらかというと変額年金の割合によって大きな変動を伴う保険です。

 

商品内容としては、まず契約者は保険契約期間を定めます。5年か10年を選択し、通貨を選択することになります。ここで、豪ドルはどちらの期間でも選択可能ですが、米ドルとNZドルはどちらかでの選択となります。

 

この保険は、満期時において外貨運用部分で元本或いは元本の110%が確保できるように比率を調整して外貨部分と変額部分を調整します。例えば10年間で外貨での元本を保証するとなった場合、契約当時の交換レートで10万ドルになるとしたら、10年後に10万ドルになるように調整して外貨部分を決定します。

 

そうしますと一定の部分があまりますので、その部分を変額保険に当てるのです。期間が長く、元本保証部分は最低限にすれば、変額部分はその分大きな割合になります。

 

また、この変額保険の運用には、先物取引が行われています。レバレッジは最大8倍まで活用できるよう取り決めており、これによって目標を早期に達成させようという仕組みとなっています。

 

この商品は定額部分だけでも満期まで保有し続ければとりあえず外貨ベースでの元本(あくまでも契約当時に両替すると幾らになる、と計算した外貨建の価値)は確保できるので、為替レートが変動しないとすればある意味元本保証です。勿論そんなことはありませんが。

 

変額部分が仮に価値が0になってしまったとしても定額部分には影響しないので、運用が大失敗したとしてもリスクはある程度限定的と言えます。

 

しかし、複雑に仕組みづくりのされた商品ですが、手数料は結構かかっています。契約時には為替の手数料くらいですが、変額部分に関してはおよそ2%の手数料が毎年かかることにあります。変額運用とは鯔のつまり投信での運用ですので、コストはかなり高い部類に入ります。

 

定額部分はの利回りはお金を増やすよりもお金を元本確保にまで持ち上げることを前提として組まれるため、利回りで増やすというよりは利回りで戻すという考えです。変額部分は先物取引を機動的に活用するため、運用マネジャーの技量がより求められます。目標達成させるためには解約控除を考慮した上で利益を確保する必要がありますが、この商品においては為替レートと変額保険の運用に絞られます。

 

パンフレットでは数年で目標達成しますと書かれていますが、あくまで都合の良い趣味レーションであることを認識してください。極論、これならインデックスタイプの投信なりETFを買い、同時に外債を運用する方がよほどコストがかからないと言えるでしょう。

外貨建て保険「プレミアカレンシー・プラス2」

第一フロンティア生命が提供する通貨選択型個人年金保険、それがプレミアカレンシー・プラス2です。この商品は三井住友海上プライマリー生命が提供している「しあわせ、ずっと」の個人年金版と思っていいでしょう。

 

基本的には外貨に両替して決まった期間を運用する。途中の解約に関しては、解約控除は取られませんがそもそも契約時に期間に応じて手数料が前払いになります。例えばこの保険を3年間で運用しようとすると、契約時に2.5%の手数料がまずかかり、両替手数料が往復で1円発生します。1円をおよそ1%と考えるとこの保険は3.5%の手数料がかかることになるのです。米ドル建ての外債を運用するとしてもここまでの手数料は取られることはありません。いかに割高かわかっていただけると思います。

 

銀行員としては、自分たちで提案できる商品には限りがあるため、必然的に外貨建ての運用をするとなると外貨預金か外貨建て保険しかなくなるわけです。

 

しかし流動性の高い外貨定期預金は総じて利率面において圧倒的に低く、両替手数料は非常にに高いものです。銀行員が外貨定期預金を勧めてくる場合は基本的に金利よりも為替差益を重視してきますが、それならば尚更高い両替手数料を払う意味はありません。

 

その分保険であれば外貨預金と比較して金利も高く両替手数料も小さいので勧めやすいのですが、それでさえネット証券での外債より割高です。

 

外貨建て保険商品全般に言えることですが、契約をする前に色々な金融商品と比較して、自分に合っているものかしっかり精査してください。これらの保険商品は、保険と銘打っていますが保険の機能はほとんどありません。

 

高い手数料を払う必要性があるのか、それを考えればこの保険商品が特に魅力のない保険商品だとわかるでしょう。

外貨建て保険「プレミアプレゼント」

第一フロンティア生命が提供する積立利率変動型終身保険、それがこの「プレミアプレゼント」です。運用難のこの時代に、外貨建てのリスクプレミアムを取るというのはどこの保険会社でもやっていることですが、各社は他とは違う仕組みを売りにしてはんばいしていますが、この商品は純粋に終身保障に焦点を当てています。

 

外貨に両替しますが、2年後に死亡保障が大きく上昇します。これにより多少の為替差損はカバーできるようになっています。解約返戻金学は保険料同等で、解約控除は30年間に渡り少しずつ減っていきます。

 

積立利率は終身保険であるためそれなりに高く、外貨として遺すニーズのある顧客には一定の理解が得られる商品ではあると思います。目標設定をすることで一定の円換算額まで達成できれば円建てに自動で切り替えられる機能も備えており、銀行員の営業としては、外貨定期よりも高金利で、万が一には増えて家族に残せるという営業トークができるわけです。

 

ただ外貨保険の基本的なリスクである長期拘束は免れません。終身保険なので当たり前ですが、一度契約したら解除するとなれば手数料がかかるものです。利率変動といっても30年間は固定されるので対象通貨の金利が上昇していくことに対しメリットは受け取れなくなります。

 

ネット証券などで米ドル建て債券を買い付ければ金利も高く期間も短いものがたくさんあります。また為替手数料もこの保険ではどの通貨も50銭です。これは通貨によって割高になります。

 

死亡保障に魅力を感じ、そのメリットが良いと判断され契約されるなら良いですが、単純に外貨運用として検討するのなら間違っている商品であるのは他の外貨建て保険と変わりないです。

外貨建て保険「みらい、そだてる」

三井住友海上プライマリー生命が提供する個人年金型外貨建て保険の一つ、それがこの「みらい、そだてる」です。しかし、この商品の説明はそこまで難しくありません。簡単にいってしまえば、同社で提供している「しあわせ、ずっと」と「たのしみ、ずっと」の満期有り版とでも言える商品だからです。

 

この保険商品には二つのコースがあります。積立コースと定期支払いコースです。積立コースは積立利率をで満期まで増やし続けるもので、運用はしあわせ、ずっとと同じです。定期支払いコースは積立利率で増えた分に関しては毎年一回増えた分だけ支払うというもので、これはたのしみ、ずっとと同じです。

 

要するに、両者二つは終身保険ですが、みらい、そだてるという保険は満期のある個人年金ですよ、というものです。但し期間が短くなるのであたり前ですが積立利率は両者のそれと比べて低くなります。相変わらず米ドル債券と比べて圧倒的に金利が低く、契約する価値はほとんどないと思われます。

 

銀行員の営業としては、顧客はほとんど終身保険に入っており、これ以上終身保険に入っても意味がないと考えますので、そこをどうにか販売するには満期のある商品の方が提案しやすいのです。

 

金融や経済にそこまで知識を持たない人からすれば、米ドル建にすれば利回り2%はつきますよと言われれば銀行の預金金利よりははるかにマシだと思えますし、またお尻が決まっていれば資金を拘束されるということもありません。どうせ定期預金で数年間滑らせておくのだったら、という考えにもなるでしょう。

 

しかし、保険商品というのは複雑怪奇に作られており、その中身を完全に説明できる営業員はおそらく存在しないでしょう。あらゆる費用が内在しており、そのせいで通常の債券ほどの利回りは出ないものです。

 

例えばこの商品を3年間だけ運用すると考えると如実にお分りいただけるでしょう。2019年3月17日執筆時点での米ドル建ての積立利率は1.38%です。ゴールドマンサックスの外貨MMFの利回りは約1.9%です。ネット証券では米ドルの両替手数料は大体片道25銭ですがこの保険は50銭です。さらに保険には解約控除がかかるので満期前の解約には別途手数料が発生します。

 

果たしてこの保険を契約する価値があるでしょうか。答えは驚くほど簡単です。

外貨建て保険「あしたの、よろこび」

三井住友海上プライマリー生命が提供する、個人年金型の外貨建て保険、それが「あしたの、よろこび」です。類似商品には「人生応援年金」や「かがやきの架け橋」があります。

 

平準払型の個人年金ではなく一括で支払うタイプの個人年金で、一定の据え置き期間という寝かせておく期間を経て年金受け取りを開始します。寝かせた分だけ、一回の支給と長期的に見ればトータルの支払額が大きくなるという仕組みです。

 

年金受け取りに関しては、さらに別のシステムで、万が一死亡してしまった場合、死亡返戻金をどれだけ保障してもらうかによっても利回りが変動します。一番利回りが高いのは死亡保障が無いタイプですが、この場合最悪のケースとして、据え置き期間が終わり年金を受け取り始めてすぐに亡くなってしまった場合には結果的に大損するリスクがあります。

 

死亡保障を高めに設定すると受け取り速度が緩やかになってしまうので超長期生きていなければ目に見えるメリットが感じられないというデメリットがあります。期間を短くすれば0年からでも受け取ることができますが、その場合の返戻率はかなりの低さになるでしょう。

 

数ある外貨建て保険の中でもこれは悪質な保険に数えていいのでは無いでしょうか。金融資産を為替リスクを取ることで金利のプレミアムを得るのはいいとして、資産を長期的に拘束され、また預けた分が戻ってくるまでにも非常に長い年月を要します。パンフレットには65歳の人が預けた分戻すためには約20年必要と記載され、100歳まで生きればこれだけもらえますよと一例を挙げていますが、早死にしたら目も当てられない。

 

おまけに契約当初に5%の手数料がかかります。その分解約控除は存在しませんが、だから良いというものでもありません。その上外貨両替手数料も当たり前ですが発生します。長期運用を強いられ、早死にしたら大損する商品です。どう考えてもドル建て債券でも保有していた方が利率面もリスク面もマシだと思ってしまうのですがいかがでしょうか?

 

普通、運用は長期間にわたるほどリスクが高くなります。それは先行きの見通しが長期になる程読めなくなるからです。この保険は人生100年時代とかいうフレーズに乗せられて長生きするリスクを低減させるために早死にするリスクをとって運用する商品です。勿論外貨ベースでの保証ですので為替レート次第では円換算額は保険料を下回る可能性もあります。この商品を契約するのなら、それ相応のリスクがあるものと判断して決めてください。

外貨建て保険「おおきな、まごころ」

三井住友海上プライマリー生命が提供する外貨建て保険で、終身型運用保険です。この商品は初めの3年間、段階的に死亡保障が増えていきます。勿論外貨建てですが、同社の他の終身型と比べるとより保険に近い商品と言えます。

 

3年間については外貨建てで増加の契約ですが、円建てでは預けた分を保証するという特約もつけられます。この辺り、為替リスクを怖がる顧客に対しては売りやすく魅力的に見えるでしょう。つまり、よほど為替レートが円高に推移しなければ大損するリスクは低減できるわけです。

 

外貨建て保険お決まりの目標設定型であり、解約控除込みで目標値まで円換算が増えればその時点で円に両替を行い円建て終身保険に切り替わる仕組みは健在です。

 

この保険のメリットとしては、死亡保障が外貨建てで3年間で増えていき、以降は高い死亡保険として残しておけること、また目標値に達した場合は利益確定して解約して手元に戻すこともできるということです。

 

勿論、あくまで死亡保障の保険なので基本的には増やして使うというものではありません。要介護2レベルになれば介護保険として受け取ることもできますが、これはおまけ程度な機能と思っていいでしょう。少なくとも銀行員が介護推しでこの保険を勧めることはほとんどないでしょうから。

 

勿論のようにですがデメリットは為替リスクは当然ですが、長期間積立利率が見直されない、つまり更改する期間が長いため、将来海外の金利が上がっていく場合にはこの商品は不利になります。ただその場合は金利上昇による通貨価値の上昇も見込めるので、為替レートが円安になれば目標達成して円建て移行も可能かもしれません。

 

ですがこの商品はあくまで死亡保障型なので、そもそも目標達成したら円で受け取れますよ、というのは商品性として間違っています。それをするなら米国債でも買ったほうがいいでしょう。残すことを主軸におくのなら一定のラインで死亡保障が止まってしまうというのはデメリットで、それならば同社のしあわせ、ずっとの方が長期的には外貨ベースでの受取額は大きくなるでしょう。

 

あくまで顧客意向に沿ったものを提案しなければいけませんが、果たして販売する側にそこまで考慮して商品を販売する倫理があるかは担当者次第といったところでしょうか。