Elsyu investors

当ブログは、株式投資を通じて社会に貢献することを目的としています。

投資方針

こんにちは、Elsyuです。

これからこのブログを進めていくにあたり、まずは私の投資方針を明確に掲げておきます。色々な売買をやってきましたが、現在は長期目線での株式運用を行っております。特に最近主力にしようと考えているのが米国株式への投資です。

 

投資の基礎となっているのはジェレミー・シーゲル氏とウォーレン・バフェット氏に関する著書です。このブログで本で得た知識を記録していく予定ですが、まずは最初に私が投資をする際の方向性を明示しておきたいなと思います。また、この投資方針は今後変更されることもあり得るのでご了承下さい。

 

それでは株式投資を行う上での投資方針です。

 

①投資する企業はグローバルに販路を持つ業界大手企業とする。

 

②投資する企業のセクターは生活必需品、ヘルスケアをメインとする。

 

③高配当を重視する。

 

基本的に、この3つは守っていく方針です。

 

①について、後々語っていこうとは思いますが、世界各国に販売拠点や販路がある最大手企業の株式を買っていくことです。海外分散を敢えて国そのもの単位で行う必要性はないとの考えから来ています。また、バフェット氏のよく言う堀を持つ企業を重視します。

 

②について、これはジェレミー・シーゲル氏の「株式投資の未来」によって明かされた事実である、過去の長期的利回りはセクター別では生活必需品とヘルスケアがトップであったこと。これは著書内で統計の取られた後の統計でも変わらなかったそうですから、長年にわたりこれらのセクターはディフェンシブ且つ高利回りな訳です。

 

③について、株主価値の源泉である配当を重視すること。これも基本的には「株式投資の未来」が基本になっています。逆にバフェット氏はあまり配当は重視していませんが、米国投資においてキャピタルを重視してしまうと株価に意識がいってしまう可能性が高いのでその意味もあります。

 

詳しくは個別に記事を書きます。

今回はこの辺で。