NOVEL TAILOR Elsyu 〜ノベルテーラーエルシュ〜

当ブログは、電子書籍を通じて読む人の一助を目指すものであります。

推し銘柄「ジョンソン・エンド・ジョンソン」

こんばんは、私はヘルスケアセクターを重点的に投資する方針ですが、とりわけ主力としてみているのは「ジョンソン・エンド・ジョンソン」です。

 

米国株式投資をしている個人投資家のだいたいの方は保有しているのでは無いかと思われるくらい人気企業です。何十年と連続で増配し、それでいて長期的に株価は上昇傾向にあり、配当性向も無難で、キャッシュフローも潤沢です。

 

ゆくゆくは企業分析でもこのブログでやってみたいと思いますが、今の所は色々な情報を発信することを優先したく、銘柄分析は当分やらないかなと思いますが、これくらいの有名企業であれば色々な方が情報発信しているのでここで似たようなことをしても意味ないのかなとも思います。なので、このブログではヘルスケアセクターのニュースなどをメインに発信していくつもりです。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソンはバンドエイドやリステリン、コンタクトのアキュビューなどでもおなじみですが、日用品も扱う製薬会社です。財務や業績も素晴らしいですが、私が気に入っているのは企業理念として謳われている「我が信条」です。

 

取引先のため、従業員のため、社会のため、株主のためにどうしていくかを説いたものであり、内容としてはそんなの当たり前だろ?とも思われるようなものですが、こういうことができていない企業は非常に多い。特に従業員だけでなく、その家族のことまで考えるというのは経営者として当然のことです。企業にとって働く人は会社の血液みたいなもの、ないがしろにすれば会社そのものの経営を危ぶむほど大事な存在です。それを業績悪化だと言って簡単に切るような企業に、私は投資したくはありません。

 

これら四つは一つでも軽視してはいけないものです。自分たちの利益のために取引先や従業員をないがしろにするような企業は正直さっさと潰れてしまえと思います。そういう企業は往々にして社会のためにもならないものです。

 

話は逸れてしまいましたが、昨日はアマゾンとバークシャーとモルガンが連携して従業員に対し安価なヘルスケアを提供することを発表したことでヘルスケアセクターが下落したそうですが、こう言った情報にいちいち反応していてはいけません。重要なのは投資している企業の今後の業績がどうなるかであって、短期の値動きで気にするときは、誰かが誤った判断で手放した株式を安く仕込む機会をうかがうときくらいです。

 

今後ももヘルスケアセクターに特化したブログを構築すべく邁進してまいります。

f:id:Elsyu:20180131222500j:plain