Elsyu investors

当ブログは、株式投資を通じて社会に貢献することを目的としています。

ジェイリバイブ2の販売一時停止

近々なるだろうとは思っていましたが、ようやくアナウンスされました、ジェイリバイブ2の販売停止。

 

信託限度額は500億円だったので、いつ停止になってもおかしくないなあと思っていたのですが、何よりも驚いたのは信託限度額の引き上げを手続きしているということ。

 

このファンドはそもそも中小型株をおよそ50社パッケージングすると謳われており、それゆえあまり純資産が増えてしまうと思うような運用ができなくなってしまうため、せいぜい1000億程度であれば問題ないと前にインタビューで話していました。

 

上限額をどれくらいに引き上げて来るのか不明ですが、あまり純資産を増やしてしまうといたずらに保有銘柄数を増やしたり投資する必要のない企業にも投資しなければいけなくなるリスクがあるのではないかと懸念してしまいます。

 

私はまだジェイリバイブが純資産100億未満の時からのファンですが、こうやって色々な人に買われるようになるのは嬉しい反面お気に入りの隠れ家をテレビで取材されたような寂しさを覚えますね。

 

日本株についてはエンジェルジャパンさんにお任せしているので、このファンドが申し込み停止になったら米国株式一択かなと思っていたのですが、限度額が引き上げられるなら継続購入も要検討ですね。

 

2月5日、予想通りではありますが日経平均株価は大幅下落。相変わらず為替や米国株の流れに大きく影響を受ける不安定な指数ですね。日本株のインデックスが嫌いなのはこういうところに理由がありますね。信頼できない指数です。

 

とはいえ、米国債利回りを過度に意識して投機的な売買を行う人たちが株式の市場価格を下げてくれることはありがたいことです。もうちょっと頑張って下げてくれれば良い感じに安く買えるのですが、懸念だけで相場は大きく下がらないので、今日明日も下がり続けてくれるかはなんともいえないところですな。

 

長期投資を行なっている投資家からすれば、株価というのはその名の通り株式の販売価格であり、日々変動するのが当たり前、いちいちそれを毎日時価に直して一喜一憂することはありません。重要なのは大したことのない理由で株を売りに出す人たちからどれだけ安く仕入れられるかということだけ。バフェット氏なんかはそのような考えをする人であり、それ以外では日々のマーケットは無視して構わないとおっしゃっているわけです。

 

投資をされている方々も、そのように考えてみると日々の値動きやマーケットのニュースに流されないと思います。