NOVEL TAILOR Elsyu 〜ノベルテーラーエルシュ〜

当ブログは、電子書籍を通じて読む人の一助を目指すものであります。

グラクソ・スミスクラインの配当利回りが7%を超えている!

グラクソ・スミスクライン(以下GSK)という企業をご存知でしょうか?

イギリスのロンドンに本社を置く巨大製薬会社です。世界的に有名なグローバル企業であり、売上高ではメルクやサノフィと並ぶ有名企業です。

 

ここは高配当ADR(預託証券)として海外株式投資家にはよく知られている企業ですが、株価はここ20年間上がっては戻りを繰り返し、あまりキャピタルは狙えない上に、JNJのように連続増配しているわけではなく、配当利回りは変動します。

 

とはいえ、今年は2月26日が最初の権利落ち日になるわけですが、配当利回りは8日時点で7.47%という高配当な数字になっています。イギリスの株式なので現地課税は無し。NISAで購入すれば丸々配当がもらえるわけです。

 

ヘルスケアセクターを重視して投資する私も一部このADRに投資しているわけですが、どうやら株価は30ドルあたりが底値でいつも反発しているようです。現在36ドルくらいなのでテクニカル的な割高感はないですね。

 

ちなみにGSKはコンシューマー部門がありまして、ドラッグストアでも売っている歯磨き粉の「シュミテクト」や鎮痛剤の「ボルタレン」はGSKの商品です。私はシュミテクトを愛用しており、その関係でこの会社には親近感があるため、主力ではないですが保有しているわけです。

 

 個人的にはこの銘柄を主力に据えることはオススメしません。配当利回りこそ高いですが、ここ20年以上行ってこいの株価推移をしており、長期保有をしていてもキャピタルゲインは難しいと思います。高配当ですが、今後永続的に高配当かと言われると怪しい部分があります。チャートを見てみると緩やかにですが下値が徐々に下がっており右肩下がりをしています。その分配当利回りの高さでカバーできるのであれば問題ないのですが、連続増配できるかはなんとも言えないでしょう。

 

それでも製薬業界では有数のグローバル企業であり、英国株式による現地課税無しと高配当、過去の推移から見て今の株価は魅力的であることから、サテライトとして保有するには良いと思います。

 

ちなみに、PERは現在40倍を超えています。テクニカル的には魅力的ですが株価収益率としては割安感はありません。英国のPERは24〜6倍くらいなわけですから、一応気をつけたほうがいいですかね。PERなんて気にしても仕方がないとは思うんですけどね。

f:id:Elsyu:20180209213227j:plain