Elsyu investors

当ブログは、株式投資を通じて社会に貢献することを目的としています。

バフェット氏はどう考えているか

ウォーレン・バフェット氏は株式を売買する時、どのように考えているか。これって株式を売買する人であれば必ず持っていないといけない考え方だと私は思っています。バフェット氏はこんな風に言っています。

 

「株式を保有するということは、その企業の事業を一部保有することと同じだ」

 

つまり、株主も企業のオーナーと同じ考え方をするべきだというわけです。株式を買うのではなく、事業を買うのだと。全部買うのが買収であり、一部買うのが株式取得という考え方です。

 

この考え方が定着できると、株式相場に対する見方が大きく変わります。例えば、株価が上がったり下がったりしたからといって、すぐに株式を売ろうとか考えることはなくなるのですね。

 

「収益性の優れた子会社を持つ親会社は、どんな価格でも、その素晴らしい子会社を売ろうとはしないだろう」

 

つまり保有している企業が今後しっかりと収益を稼ぎ出し、自身の利益に還元し続けてくれるのであれば、今売れば利益が出ると言われても安易に売ったりはしないだろうということです。

 

今の相場のように、短期的には懸念や不安で株価は乱高下しますが、時間軸を長くとれば、株価は次第に事業の動きに近づいてくるのです。これは間違い無いと思います。

 

株式投資で最も重要な要素は、企業の株価ではなく企業の成長です。バフェット氏はルックスルー利益という言葉を使って説明しています。これは決算において投資先の企業の純資産増加額も利益の中に考慮するというものであり、これを詳しく説明すると決算書を読む知識や会計の知識が必要になるので、ここではごく簡単に説明しますと、式としては「ルックスルー利益=EPS×保有株数」で表現できますが、言葉で説明すれば、

 

投資先の利益分で増加した純資産

 

といったところでしょうか。

 

実際には配当金も考慮されます。いずれにせよ、投資先の利益を自分の持株数で割ったものが、自分のポートフォリオの稼いだお金という考え方です。

 

株価ではなく、あくまで収益がどれだけ伸びたのかを重視する。株価が乱高下していても、投資先の企業の業績が伸びているのなら、長期的には株価はその業績に落ち着くのだからしっかりと利益は出てくる、という話です。

 

市場は主にヘッジファンドやその他のファンドマネージャーによって日々売買されます。彼らの使命は競合他社よりも多くの利益を出し、より多くの顧客に資金を預けてもらうことです。そのためには市場や経済動向で株式を適宜入れ替えし、決算の数字を良くしなくてはいけません。

 

とは言え、我々のような個人投資家は別に決算書を報告するわけではないのですから頻繁に売買なんてしなくて良いのです。投機をしたいなら別ですが、長期投資を行うのであれば、気にするべきなのは上下する株価ではなく、企業の将来の稼ぐ力だというわけです。

f:id:Elsyu:20180211201210j:plain