NOVEL TAILOR Elsyu 〜ノベルテーラーエルシュ〜

当ブログは、電子書籍を通じて読む人の一助を目指すものであります。

バビロンの大富豪

バビロンの大富豪という本をご存知でしょうか。刊行されてから約80年が経過するそうですが、今でも世界中で読まれるほど、お金を貯めるとてもシンプルな原則が書かれています。

 

いくつかの原則がありますが、その中でも最も基本的でかつ重要な原則が、「収入の10%はなかったものとして別にところに置いておく」というものです。

 

そして、この10%のお金はただ管理を分けるだけではなく、働かせることが大事だとしています。つまり投資です。収入は全部使ってしまって貯められない、全部必要だから残す余裕はないという人でも、元からそのお金は無いものであればそれを前提にお金をつくので、結局普段から無駄遣いが多いということなのでしょう。

 

この国で比較的簡単にできる投資といえば、株式や投資信託でしょう。ここからは人それぞれ考えがあるので何が正解かは難しいですが、個人的には株式投資をして、配当をもらうようにするのがいいと思います。

 

勿論ファンドに積み立てていけば、色々細かい投資を考えなくて済みますし、最終的にはそれが将来の老後資金になるわけなので、仮に年金制度が破綻しても老後のお金の心配はなくなりますね。

 

正直なところ、それが一番簡単なんですよね。米国株でも良いし先進国インデックスでも良いですが、大凡長期的な利回りは7〜8%と言われています。複利計算してみればわかりますが、毎月5万円を30年間7%で運用した場合(税金は満期一括課税)の元利合計はおよそ5,000万円程度になります。もうこれだけで老後の資金はオッケーですね。

 

30年間貯め続けられるインデックスファンドにただ毎月投資するだけで、老後資金を作れるのですから、もうそれ以上資産運用について考える必要なんて無いと思いませんか? 私は思いました。

 

ただ私は将来の不安を払拭するために、今を犠牲にするという考えはしたくありません。アーリーリタイアをするために必死になって貯蓄に励むのに似ています。自由にいろいろなことができる若いうちを犠牲にしてお金を溜め込み、体に力が入らなくなってくる60過ぎにようやくほそぼそとなら働かずに生きていけるお金を作る。これって本末転倒では無いですかと。

 

だから私は、配当の多い米国や英国の株式を通じ、インカムゲインは軍資金として使ってしまいたいと思います。無理に使わずに、余裕があれば再投資をしても構わないし、日々の生活費の足しにしても良いと思います。もちろん、キャピタルゲインも狙える会社の株式を買うのが一番です。

 

いずれにせよ、収入の少なくとも1割は投資に回し、そのお金は基本的に手をつけず、残りの9割で生活するよう意識する。それを繰り返していると、思いのほかにお金が貯まる実感が湧いてきます。

f:id:Elsyu:20180219221055j:plain