NOVEL TAILOR Elsyu 〜ノベルテーラーエルシュ〜

当ブログは、電子書籍を通じて読む人の一助を目指すものであります。

「1ドルには1ドルの価値しかない」と考える人はお金持ちになれない

海外のマネー本「ミリオネア・マインド」を読んでいて良い言葉だなと思ったものを紹介させていただきます。

 

「お金に縁のない人は、1ドルには1ドルの価値しかないと考えるが、金持ちになれる人はその1ドルを種のように育て、それを元に何百ドル、何千ドルと大きくしていく。今日1ドル使えば、それは1ドルの価値しかないが、使わなければ将来何百ドルになるかもしれない」

 

この本では、お金に縁のない人は短期的な視野しかもたず、今が良ければそれで良いという考えをする。生活に追われていて、将来のことなど考えられないという人は、いますぐどうにかしなければその将来とは近いうちに今に変わってしまう。お金に縁のない人は資産の価値が下がるものを買って出費を増やす。お金に縁のある人は、資産の価値が上がるものを買う。

 

心屋仁之助さんというカウンセラーの方が書いた本に、「一生お金に困らない生き方」というものがあります。この方の考え方もなかなかのもので、いずれこのブログで紹介したいですが、ただ問題なのは、この本はこれ単体では間違った認識を持ってしまう可能性があるということです。

 

この本では、お金は使うだけ入ってくると表現されています。これは色々なマネー本にも書かれている基本的な考え方であり、正しい見解です。ただ、この本ではその言葉の本当の意味というか、どうしてそうなのかというところがかなり省かれており、単に使えばそれだけ入るとしか書かれていないのです。

 

お金は使わなければ価値を持たない存在です。使ってこそ意味がある訳です。ただそれは贅沢やギャンブル、無駄な娯楽に費やすということではなく、自己投資や周囲の人たちの幸福のため、またはお金に働いてもらうためにお金を増やすために使ってこそ巡り巡って返ってくるという意味なのです。

 

なんでも良いから使えというのは誤った考えなので、この本を読む時には気をつけてください。

 

話は逸れてしまいましたが、お金を額面だけで捉える人はお金を増やすのに苦労するでしょう。経済学の世界では基本的なものに実質金利があります。これは定期預金などの名目金利に、インフレ率を差し引いて求める、実際のお金の購買力をさします。

 

今の日本では、国が政策として物価を2%ずつ上げていくことを目指しています。それだけでなく、税金は上がり日々の支出は認識の範囲外でも増えている訳です。何もしなければそれだけで生活は苦しくなるのです。

 

重要なのは、手元にあるお金を額面で考えるのではなく、それを少しでも増やすための種として増やしていけるよう運用をすることです。

f:id:Elsyu:20180222224248j:plain