Elsyu investors

当ブログは、株式投資を通じて社会に貢献することを目的としています。

外国為替証拠金取引を始めます。

現在、私は日本株式に対してはミューチュアルファンドの「ジェイリバイブ」を通じて値上がり益を目指して投資しており、海外株式は高配当戦略にて長期運用を心がけています。

 

現在の相場は2017年の上昇相場の反動及び世界政治的リスクの影響で不安定な状況であり、しばらく続くものと思われます。株式市場は特に日本株式においては割安な水準まで下がっていることは間違い無いのですが、現時点では下げ止まる気配はありません。

 

トランプ大統領令により、中国に関税がかけられることが決定し、相手側である中国も報復措置で徹底的に対抗する姿勢を見せています。その中には米国債の売却という項目もあります。

 

中国は諸外国において最も米国債保有している国であるため、仮にまとまった売却が出たりすれば債券市場に与える影響は大きいでしょう。それに伴い金利の急騰が起きれば株式市場にとってもただでは済まないでしょう。

 

ドルがどちらに触れるかは難しいところですが、ドル安円高に触れやすいのかな、とも思います。

 

長期投資を基本としているため、下落相場においては特に手を打つことができません。給与所得から一部を投資資金に充てていますが、どちらにも割り振るほどの余裕がないのが現状なので、ここのところ面白くない相場が続いています。

 

ということで、FXを少し始めてみようと思っています。

 

始める、というよりは正確には再開すると表現した方がいいでしょうか。2016年ごろ勉強の一環で為替取引を行なっていたことがあります。FXの面白いところは、基本はスキャルピングデイトレスイングトレードなので結果がすぐに分かるところでしょう。もちろん長期的視野でトレードを行うこともできますが、為替ほど先行き見通しが難しいものもないと思っているので、基本的にはテクニカル重視で取引してました。

 

特に大相場だったのは大統領選挙の時でしょう。トランプ氏かクリントン氏かというところで、メディアは一斉にトランプ氏が大統領になったら相場はリスクオフに流れてドル安になるだろうと言われていました。

 

当日、選挙開票によりトランプ大統領の現実味を帯びてくるとみるみるうちにドル安円高になって行きましたが、トランプ氏の勝利が確定するやいなや急激にドル高に転じました。あの時は自分の利益が一気に60%プラスになり興奮したのを覚えています。

 

ただ、FXは自分の欲求との戦いでもあります。レバレッジを高くしてギャンブルしようとすればたちどころに相場から弾かれるでしょう。自分の得意なテクニカルをもち、相場が形作られるまで我慢強く待つ必要もあります。これがなかなか難しいのです。

 

基本的に私は株派の人間ですし、FXのギャンブル性の高さからしばらく遠ざかっていましたが、ここ最近の相場の盛り上がりの無さから少額だけで参加してみようと思います。雑所得になるので20万円超えない程度にね。

f:id:Elsyu:20180325213018j:plain