NOVEL TAILOR Elsyu 〜ノベルテーラーエルシュ〜

当ブログは、電子書籍を通じて読む人の一助を目指すものであります。

3月米雇用統計発表。

本日、日本時間の21時30分、3月の米国雇用統計が発表されました。

毎月第1週の金曜日に発表のあるこの指数、FRBも注目する指数であり、為替相場においては短期的に変動する月一の大きなイベントの一つです。

 

さて、今回の雇用時計は、非農業部門雇用者数が予想である18万5000人を下回る10万3000人増であったこと、失業者数が予想の4.0%よりも弱い4.1%であったことから瞬間的にドル安円高に推移、瞬間風速的に25銭ほど下落。その後いわゆる全戻しになったものの、その後は次第に弱含みにな推移に移行しています。

 

こういうイベントものは、値動きが荒くなるので利ざやを稼ぐチャンスでもあると同時に、判断を誤れば大損ぶっこいてしまうギャンブルのようなものです。為替で飯食ってる人達からはどちらに動いても全戻しになるだろうと予想している人は多かったようですが、こういう時は調子に乗ると足元すくわれるので売買する方は気をつけましょう。

 

正直なところ、私も行ってこいになるだろうとは思っていましたが、微妙なポジションでロングしてしまったため大した利益になりませんでした。まあ、そんなことはいいんです。いずれにせよ、現時点ではまだまだ株も為替もトレンド転換とまではいきませんね。

 

相場に関しては、次の材料は企業の決算でしょう。今月後半まではおそらくトレンド転換はしないのかな、なんて思ったりします。ただ為替は次第に底堅くなってきているようですし、悪材料が出ても敏感に反応しなくなってきていると思います。今はやはり仕込み時期というか、今後のための助走期間なのでしょう。

 

今夜も現時点ではあまり大きな上昇は期待できないでしょう。長期投資家にとっては面白くない相場がしばらくまだ続きますが、こういう時はじっと我慢するしかありません。それか、短期売買を余剰資金でやって退屈を紛らわすのもいいかもしれないですね。まあ、短期投資の方が難しいですけど。結果がすぐに出る分面白いのは間違いないです。

 

f:id:Elsyu:20180406222109j:plain