NOVEL TAILOR Elsyu 〜ノベルテーラーエルシュ〜

当ブログは、電子書籍を通じて読む人の一助を目指すものであります。

上がらない日本株

こんばんは。今日も日本株は上がりませんでしたね、予想はしていたものの、やはりこの国の株式は長期的に信用できないですね。

 

米国株式が上昇の流れにある中日本株が上昇しない要因としては、主に日米首脳会議により貿易関係で日本が不利になる流れを受けることでの株安懸念、米財務省の為替報告書により依然として日本は監視リストに入っているため政府として円安に向かう政策を推進できないこと、市場そのものが為替と外国投資家頼りであること、日銀の金融緩和が下支えになっていることなどなどが挙げられます。

 

私はジェレミー・シーゲル氏の提唱する「成長の罠」は正しいものであると考えているので、将来的に成長性の見込めない日本という国に投資しても、それなりのリターンを得られるであろうとは思っています。

 

ただし、現在の株価が、本当に日本の正しい評価を反映したものであるかに関しては、甚だ疑問を感じざるを得ません。すでに市場は官製相場の形を成しており、2017年に関してももっとも日本株を買ったのは日銀だと言われています。

 

そもそもアベノミクスというのは極端に言えば円安株高政策であり、そのために年金運用の株比率を上げてまで株式市場にお金を投入してきました。すでに短くない期間この政策を続けていますが、日本の経済はいまだに回復の様子を見せていません。政府の発表する指数では景気の上向きを感じられるような数字が出ていますが、現実に雇用が増えているのは小売外食介護といった分野であり、全体的な実質賃金は増加傾向には至っていません。

 

日本とアメリカではそもそも経済学に関する教養やファイナンスに対する認識に大きな違いがあります。戦後から今日まで政府主導でこの国は発展してきましたが、現在では国も国民の面倒を見る余裕がなくなってきており自立を促している状況にあるわけですが、基礎的な教育が行われていない状態で放り出されても国民はどうしたらいいのかわからずあたふたするしかありません。

 

ひふみ投信を運用するレオスキャピタルワークスさんも純資産の増加を受け大型に投資せざるを得ない状態になった現在、日本国内で積極的に投資したい先が見つからず米国株に投資している現状があると思います。

 

長期的には日本株保有しているだけでは大きな利益を得ることは難しいでしょう。