Elsyu investors

当ブログは、株式投資を通じて社会に貢献することを目的としています。

ギャンブルになったら負ける

株の世界も為替の世界も、相場をやっている人なら身をもって認識していることではあると思いますが、トレードを行う際、そこに少しでもギャンブルの要素が入り込めば負ける可能性が非常に高まります。

 

例えば個別株を売買するとき、どうしてその銘柄を買おうと思ったのか、どうしてそのタイミングで買おうと思ったのか、どこまで株価が動くと予想しているのか、それは何故か。こういった部分が自分の中で明確にない状態で取引をすれば、大方負けます。利益を出せる時もあるでしょうけど、それはあくまで運の部分が強く、長く取引をしていけば勝率は次第に下がっていくでしょう。

 

特に危険な行為は、上がるだろうとか、下がるだろうとか株価の先行きを期待と願望でホールドすることです。この時点で自分の損益を運否天賦に委ねているわけですから、それは最早丁半博打と変わらないことになります。

 

偉そうなことを言っていますがそんな自分もまだまだ道半ばです。最近は面倒になってしまってファンドに預けてしまっている部分もあります。というか大部分は預けてしまっています。

 

ある年、目標50%のリターンを掲げて株の売買を行っていた時がありました。マザーズ市場の株を積極的に売買して、うまく流れに乗れたりして、2ヶ月しないで30%以上のリターンを出せていました。このままなら目標は年の前半に行っちゃうんじゃないかと調子に乗ってたくらいです。

 

しかし、そうやって調子になっていると痛い目を見るものです。保有株の決算、持ち越すか売るか迷った挙句持ち越すことにしたのですが、結局20%以上の下落に見舞われました。

 

その後の相場は不安定で、結局半年がすぎても全然リターンが出ませんでした。日々株価の値動きを監視し、売買を繰り返し、神経すり減らしても成果は出ませんでした。しかし、ジェイリバイブを年初からもっていればその時点で25%以上の利益が得られていました。

 

それに気づいた時、自分で売買するのが面倒くさくなってしまい、預けっぱなしにすることを選びました。株と違ってすぐに成果が目に見るわけではないですが、お金を預けっぱなしにしていても大きく増えていたのだなと思ったら今までの行いがバカバカしく感じられて、ファンドに預けっぱなしにするようになりました。

 

話が若干違う方向に行ったかもしれませんが、何が言いたいかというと、運頼みでトレードするのはやめましょうということですね。