Elsyu investors

当ブログは、株式投資を通じて社会に貢献することを目的としています。

為替が大きく円安に、米国債長期利回りが3%接近。

米国債の長期利回りが3%付近まで上昇したことを受けドル高の流れが形成されています。23日には為替レートがおよそ1円ほど円安に動き108円後半へ。その影響もあり日本株には買い戻しの動きが起こり、24日終値日本株は上昇して引けました。

 

理由は米国債10年物の利回りが3%付近まで接近したことでのドル高によるものです。ちなみに記事執筆時点で為替レートは109円台に突入しました。さらには日銀の黒田総裁から日銀の目指す物価2%の安定上昇には程遠く、引き続き金融緩和を続けていく必要があるとの話があったことから円売りに。これらが合わさり為替レートは大きく振れたわけです。

 

もともと日本の輸出企業のが想定していた為替レートは109円66銭と言われています。日本企業の先行き見通しは為替差損から下方修正を余儀なくされるだろうという考えだったものが、ここにきて為替レートが戻ってきたことから再び強気な予想をしてくる可能性もあり、企業の決算期待に拍車がかかっている状態です。

 

NY株式市場はこれから開くので、この長期金利が市場でどう反応されるのかはまだ分かりませんが、何度も同じ材料で相場は動かないと思います。いずれにせよ、3%くらいまでであれば相場に大きな影響はないのではないかと思います。

 

ただし、これが3.5%とか、そのくらいの利回りにまでなってくれば話は変わってくると思います。もともと今年は利上げを3回するというのは既定路線でしたし、それに伴って長期金利が上昇するのは明白でした。上昇の速度が速すぎるということで調整に入りましたが、本来は3%まで行くのは予想の範囲内です。

 

ただ、ここからさらに加速度的に金利が上昇して行くのであれば先行き見通しに変更しなくてはいけないでしょう。利上げ回数が増加するとか、景気の先行きがまた変わるとか、過剰なドル高が及ぼす影響も出てくるでしょう。

 

FXもうまく使いつつ、株式投信は買い増しの方向性でいいと思います。特に日本株については為替が円安になれば色々と好材料なので歓迎すべきですね。基本的にジェイリバイブはまだホールドします。